MISS POLE DANCE JAPAN


次回MISS POLE DANCE JAPAN/POLE KING JAPAN

2018年11月10日(土曜)@なかのZERO 小ホール

エントリー期間:2018年5/20~7/31→本年度エントリーは締め切りました。多数のご応募ありがとうございました


MPDJ2018 Special Guest Performance&Judge

Natasha Wang(from U.S.A.)



MPDJ2018審査員※予選&決勝

           
 HARUNA mayumi  Christi  ISSEY  akane☆platinum
 RYOTA



MPDJ2018 予選通過者発表
※【】内はスコア

【女子シングルプロ部門】
Richard Violaine【207.5】→※出場辞退のため以下繰り上げ
1位:斉藤 百恵【206.5】
2位:増子 夕姫【203.5】
3位:御子貝 真奈【189.5】
4位:藤井 亜衣【186.5】
5位:岡元 紀代子【185.5】
6位:宇津木 彩乃【184】
7位:川崎 智子【183】
8位:浅井 麻里【176.5】
9位:坂井 亜也乃【171.5】
10位:木村 真実【170.5】

【女子シングルアマチュア部門】
1位:大野 さくら【184.5】
2位:北川 千夏【177】
3位:Alena Chumarenka【172】
4位:関口 有起【167】
5位:田中 静香【164.5】
6位:太田 里奈【160】
7位:関原 知子【153.5】
7位:濱田 安紀子【153.5】
9位:釜林 優希【152.5】
10位:黒澤 利那【152】

【男子シングルプロ部門】
1位:新屋 直人【206】
2位:中 和也【188】
3位:川崎 宗介【182】
4位:宮村 英輝【177】
5位:西住 雄大【172】
6位:猿橋 嵩昭【169】
7位:近澤 彩樹【167】
8位:西織 亮輔【161.5】
8位:中村 洋揮【161.5】
10位:朴 在三【157】

【男子シングルアマチュア部門】
1位:川上 義弘【172】
2位:後藤 匠【164】
3位:宮地 成和【154】
4位:吉村 侑【144】
5位:藤田 陽平【129】
6位:和田 洋【129】
7位:井土 翔太郎【126】
8位:石山 俊輔【125】
9位:村田 元太郎【120】
10位:山本 有【115】

【ダブルス部門】
1位:竹元 景子&森嶋 真樹【203.5】
2位:小西 沙和&小西 鹿乃【192】
3位:DOMANOVA SVETLANA&玉置 研吾【189.5】
4位:藤井 亜衣&宇津木 彩乃【181.5】
5位:菊地 萌香&澤田 枝里【174.5】
6位:稲崎 美佳&大森 由香【133】

【ショーケース部門】
1位:DOMANOVA SVETLANA/玉置 研吾/辻 幸恵/鶴乃園 オリビア/Chumarenka Alena/藤木 絵里/澤田 枝里/山本 夏実【179.5】
2位:岡本 晴子/石﨑 加奈/吉田 春美/神藤 麻里【166.5】
3位:川浪 瑞斗/吉原 礼子/米田 朋美/和田 渚【119】
4位:内堀 あかね/武田 登与美/大西 善宏/芦田 良貴【94】

【ジュニア部門】
1位:木村 姫翔【162.5】
2位:渡辺 理帆【154.5】
3位:髙橋 京子【152.5】
4位:武藤 悠花里【134】

【キッズ部門】
1位:小西 沙和【213.5】
2位:小西 鹿乃【205】
3位:岩崎 知愛里【195.5】
4位:森 美空【191.5】
5位:齋藤 優凜【188】
6位:荒木 志乃【181】
7位:クアク 菖蒲ガブリエル【180】
8位:田之江 結衣子【177】
9位:橋本 奈々【156.5】
10位:岩崎 魅海里【156】



MPDJ2017結果発表

【女子シングルプロ部門】
1位:Richard Violaine
2位:斎藤 百恵
3位::増子 夕姫

【女子シングルアマチュア部門】
1位:辻 幸恵
2位:御子貝 真奈
3位:麦田 彩


【男子シングルプロ部門】
1位:新屋 直人
2位:宮村 英輝
3位:近澤 彩樹

【男子シングルアマチュア部門】
1位:猿橋 嵩昭
2位:中村 洋揮
3位:川崎 宗介

【ダブルス部門】
1位:森嶋 真樹/竹元 景子
2位:玉置 研吾/Domanova Svetlana
3位:菊地 萌香/澤田 枝里

【ショーケース部門】
1位:磯辺 千絵/楠田 千尋/戸塚 菜月/藤波 美月/中川 朋子/小見野 真理/大越 利奈/関原 知子/大畑 千裕/佐藤 静香
2位:竹原 千絵/Domanova Svetlana/Kengo Tamaki/Marie Yui/Miyuki Niihara/Nanae Shiroyama/Mai Kobayashi/Natsumi Yamamoto/Domanova Sasha-Alexandra Yamashiro
3位:加藤 楓子/小寺 聖羅/渡辺 理帆/伏島 菜々花

【ジュニア部門】
1位:池 未来


【キッズ部門】
1位:荒木 志乃
2位:岩崎 知愛里
3位:斎藤 帆那





主催;日本ポールダンス協会

eye candyTRANSFORMLUXURICA


MISS POLE DANCE JAPAN

What's New


A greeting from the organizer of Japanese competition

世界をめざす、日本のポールダンサーの皆様へ

ポールダンスが誰もが楽しめる「表現」のひとつとして、また健康的なフィットネスとして、ここ日本でもショーとして観る機会も増えてきました。POLE DANCEのスタジオも増え、そのスタイルも多様化がすすんでいます。とは言え、まだまだ一般的には知られていない事も事実ではあります。広く皆様にPOLE DANCEを知ってもらう事ができれば、、という気持ちから私達は日本ポールダンス協会を立ち上げました。

世界に視野を広げてみると、大会やコンペティションが盛んに開催され、広く市民権を得ている様に思います。
日本でも、普及のみではなく力と美、オリジナリティをそなえ、心・技・体すべてにおいて、「日本代表」と名乗るにふさわしいダンサーを育成、サポートする事。また、国内大会MISSPOLEDANCEJAPAN、POLE KING、ダブルス部門、新たにショーケースカテゴリーを2015年より設け、世界に挑戦できる選手を選出する事を大きな軸として、活動して行きたいと考えております。

技ができればよいのか、華やかさがあればいいのか、身体能力が高ければいいのか、ダンス要素はどれだけ重要なのか。セクシーさはすべて排除すべきなのか。「よいポールダンサー」がどんなものかについて、正解はどこにもありませんが、世界の大会をいくつか見ていると、各国がそれぞれの特色を打ち出してきているように感じます。

強いだけでなく、オーラのある、華やかなだけでなく、鍛錬に裏打ちされた技術を持っている方、体幹から指先までをコントロールし、体のまわりにひとつの新しい世界を作り出し、すべての面で観客を圧倒してくださる方がチャンピオンにふさわしいと本協会は考えます。
そんな素敵な日本のダンサーがPOLE DANCEパフォーマンスをしていく中で広く普及、定着を目指す事。
そして日本代表として「今の日本のスタイル」を世界に示して行きたいと考えています。

ミス・ポールダンス・ジャパン オーガナイザー
日本ポールダンス協会


Copyright(C)MISS POLE DANCE JAPAN All rights reserved.